国から給付金が受け取れるB型肝炎訴訟について知っていますか?予防接種でB型肝炎ウイルスに感染してしまった方は弁護士に相談して給付金請求をしてみましょう。

知っておきたいB型肝炎訴訟

B型肝炎給付金の訴訟と感染

債務整理

過払い請求

調査費用とB型肝炎関連の訴訟費用

はっきりとB型肝炎で国に対して給付金の支払いを求める事ができる場合と、B型肝炎でも救済を受けられないという場合もあり、自分がどちらに該当しているのかが分かりにくいケースというのも人によって考えられます。

集団の予防接種を行ったけれど、しばらくして行った手術の際に輸血したので、どちらにB型肝炎の原因があるのか分からないという事も考えられます。裁判になればもちろん訴訟費用は必要になりますが、分からないケースについては、訴訟費用を支払うまでに訴訟可能かどうかの調査が必要になります。

弁護士の中には、訴訟が可能かどうかという調査を行うだけであれば、調査費用は無料としている所もある様です。訴訟が可能であるとわかってから、訴訟費用や報酬などを後で支払う事ができる法律事務所もあります。

料金の支払いについても最初の相談時に確認しておきたいですね。

肝炎訴訟はここ。

無症候性キャリアとB型肝炎訴訟

時としてB型肝炎訴訟の際に無症候性キャリアという言葉が使われる事もあります。この無症候性キャリアというのはウィルスに感染はしているものの、症状などはない状態の事を言い、B型肝炎訴訟の対象となり、給付金を受け取る事ができます。

しかしB型肝炎訴訟の対象となる人の中でも、無症候性キャリアの場合には受け取る事ができる給付金の金額が低くなる事が予想されます。ですので、知らない間に無症候性キャリアとなっており、B型肝炎訴訟の対象となってしまっている事もある様です。不安な場合にはB型肝炎訴訟の対象かどうかを把握するために病院で検査を受けると、事実関係がはっきりする事でしょう。

肝炎訴訟の手続きで給付金が支払われる

現在、B型肝炎訴訟は非常に多くおこなわれており、正当な手続きを実施することにより国からB型肝炎給付金が支払われる場合があります。

そもそも肝炎訴訟とは、過去において病院などの集団予防接種時に肝炎に感染してしまったことから始まりました。日本国内において、それらの肝炎に感染してしまったかたは、推定100万人から150万人ほどいるとされています。

これらの感染者の内で、昭和23年から63年までの40年間におこなわれた集団予防接種時に、肝炎に感染したと思われる人々は40万人以上いるとされています。それらのかたに対して、現在、国からB型肝炎給付金が支払われているのです。

B型肝炎訴訟のアドバイスは法律事務所で

集団予防接種によってB型肝炎に感染してしまった場合、国に対してB型肝炎訴訟を起こすと、給付金が支給されます。

現在、40万人近くの患者が集団予防接種によってB型肝炎に感染したと言われています。発症することなく自然治癒する場合が多いのですが、中には肝硬変に移行してしまったり、肝臓癌になってしまうケースもあります。

B型肝炎訴訟は一人で起こすことは難しいので、専門の法律事務所からアドバイスをもらい、その指示にしたがって訴訟の準備を進めていくと良いでしょう。

訴訟の前に集団予防接種による感染であることを証明する必要書類を用意する必要があります。

B型肝炎訴訟に関わる判例の紹介

B型肝炎訴訟は給付金を受給するために提訴するもので、昭和23年から昭和63年までの特定の期間に幼少期の集団予防接種を原因としてB型肝炎ウイルスに感染した人が対象となります。一般的には自身が一次感染及び出産時の母子感染による二次感染が対象とされますが、父子感染が認められた判例もあります。

B型肝炎ウイルスは乳幼児のような免疫力の弱い時期には唾液感染もあるとされ、食べ物をかみ砕いて口移しにしたケースなどで父子の感染もあり得ることが認められたことに因るものです。

母親が陰性だとしても父親が陽性という場合は、B型肝炎訴訟の対象になることが考えられますので一度確認してみると良いでしょう。

救済給付金のためのB型肝炎訴訟とは

昭和63年まで続いていた集団予防接種で、注射器を使い回ししたことが原因のB型肝炎について、国では救済のため対象者にB型肝炎給付金を行っています。対象は一次感染者の場合であれば昭和23年7月から昭和63年1月に誕生した人とその母子感染者です。また、どちらの感染者でもすでに亡くなっていた場合は、遺族の方もB型肝炎訴訟で給付金が支払われます。

この給付金は時効期限があり、平成34年1月12日までにB型肝炎訴訟請求した人に限られますので、感染したとしても症状がでていない場合がありますから、不安がある方は検査を行ってください。

感染されていた場合、B型肝炎給付金以外に検査費用も支払われますし、感染防止のための医療費も支払われます。

B型肝炎訴訟の重要性とは

B型肝炎被害者によって起こされるB型肝炎訴訟は、国でも定められている訴訟となっています。和解にいたれば、さだめられている給付金を受け取ることが可能となります。しかしながら、B型肝炎給付金を受け取っている人はまだまだ一部の人とされています。

B型肝炎訴訟での裁判の期間は半年から一年とされていて、国に認められれば、弁護士費用の一部を負担してもらうことも可能となります。泣き寝入りしてしまうのは、非常にもったいないことでありますので、該当するようであれば一度専門としている弁護士事務所や、専門機関に相談してみることをおすすめします。

B型肝炎訴訟の条件は

B型肝炎訴訟の対象者は、集団予防接種でB型肺炎ウイルスに持続感染された方や、集団予防接種の一次感染者である母親から、母子感染によりB型肺炎ウイルスに持続感染された二次感染者が対象となります。

B型肝炎訴訟条件に当てはまる方は、平成29年1月12日までに提訴しなくては行けなかったですが、法改正によって平成34年1月12日まで、請求期限が延長されています。B型肝炎訴訟を起こす時には、弁護士に依頼をしないといけないと思っている方は多くいますが、弁護士に依頼する必要はなく、自分でしている方も多くいるので、手続きも簡単に行うこともできます。

B型肝炎訴訟における制度の成立

過去に実施されてきた集団予防接種では、注射器が連続で使用されたことにより、B型肝炎ウイルスが蔓延する原因となりました。

感染被害者が弁護団と共にB型肝炎訴訟を起こし国の責任が求められたものの、和解された結果、被害者と家族へ対する救済措置として給付金の支払いが行われるようになっています。

対象となる条件には様々な項目が存在しているものの、条件を満たしていることを前提に、手順に沿った手続きによって、症状で異なる金額のB型肝炎給付金を受け取ることが可能です。自分が対象に入っているかどうか知りたい時など、弁護士への相談も有効的です。

B型肝炎訴訟や給付金についての記事

B型肝炎訴訟、給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報を掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京などの大都市には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。