国から給付金が受け取れるB型肝炎訴訟について知っていますか?予防接種でB型肝炎ウイルスに感染してしまった方は弁護士に相談して給付金請求をしてみましょう。

知っておきたいB型肝炎訴訟

B型肝炎給付金の訴訟と感染

債務整理

過払い請求

TOP B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟弁護士 肝炎給付金 B型肝炎給付金 弁護士と進めるB型肝炎給付金の手続きとは

B型肝炎給付金の手続き目次

  1. 弁護士と進めるB型肝炎給付金の手続きとは
  2. B型肝炎給付金を受け取ることができる人
  3. B型肝炎給付金を受けるための要件
  4. B型肝炎給付金の金額は
  5. B型肝炎給付金の理由とは
  6. 問題になりがちなB型肝炎給付金
  7. 基本合意が成立するまでのB型肝炎訴訟の歴史
  8. 二次感染者によるB型肝炎給付金に関する弁護士会への相談
  9. 基本合意が成立するまでのB型肝炎訴訟の歴史
  10. B型肝炎訴訟に対応した弁護士選び

弁護士と進めるB型肝炎給付金の手続きとは

B型肝炎給付金を受ける手続きは、一人だと途中で手に負えなくなる可能性があります。多くの人は弁護士などの専門家に相談をしながら請求手続きを進めています。

B型肝炎給付金を受ける手続きで最初に行うことは、医療機関への書類請求です。書類も複数にわたり、必要な書類が欠けてしまうとその後の手続きが不利になってしまうものです。

この必要書類は、集団予防接種で感染した一次感染者と、その母親から感染した2次感染者とは異なるものですから、その都度確認し必要書類を揃える必要があります。これだけでも、手間のいる作業です。その後は裁判所へ提訴し、給付額が決まったあとで、ようやくB型肝炎給付金の請求手続きができます。

この請求が平成34年1月12日まで行われなければ、B型肝炎給付金を受け取ることができなくなります。それまでにスムーズに手続きを済ましたいと考えるのであれば、弁護士に依頼しておくことで安心して請求手続きを行うことができます。

B型肝炎給付金を受け取ることができる人

B型肝炎給付金はB型肝炎にかかっている人であれば、誰でも国から支援を受けることができるものではありません。しっかりとした基準があり、それを満たしている人だけが受け取ることができます。

そのB型肝炎給付金の基準とは、まず自分がB型肝炎にかかっている場合には定められて何月内に予防接種を受けたことがあり、かつ他に感染症にかかる原因がない人です。これはいわゆる集団感染と呼ばれるものにかかってしまった人を対象としています。

集団感染は同じ注射器の使用を続けて、その結果、同じ注射器を使用した人が次々にB型肝炎にかかってしまったというものです。

B型肝炎給付金や訴訟についての記事

B型肝炎給付金を受けるための要件

B型肝炎給付金を受け取るためには、要件を全て満たしておかなければなりません。

要件は、昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までに生まれている、B型肺炎ウイルスに持続感染しており、満7才になるまでに集団予防接種またはツベルクリン反応の検査を受けており、集団予防接種以外での感染原因がないことです。この要件を全て満たしている方は、一次感染者としてB型肝炎給付金を受け取る権利があります。

そして母親が一次感染者で、自分もB型肺炎ウイルスに持続感染している、感染原因が母子感染であると証明できる場合の方を、二次感染者といい二次感染者もB型肝炎給付金を受け取る権利があります。

B型肝炎給付金の金額は

B型肝炎給付金の金額は、病状の表れ方によって異なります。集団予防接種などによる注射器の連続使用により、B型肺炎ウイルスに感染した方と、その方から受け継いで母子感染した方は、肝炎訴訟を起こすことにより、国から給付金を受け取ることが出来ます。金額は病状によって、細かく分けられています。

死亡、肝がんまたは肝硬変の方は3600万円、肝硬変(軽度)の方は2500万円、慢性B型肺炎の方は1250万円、無症候性キャリアの方は600万円のB型肝炎給付金を受け取る事が出来ます。給付金を受け取る事が出来るのに、受け取っていない方がとても多く居ますので、期間内に予防接種を受けた方は、一度調べてみると良いかもしれません。

B型肝炎給付金の理由とは

小さい頃に予防接種などの機会があったかと思います。その際にB型肝炎の原因となる注射器の使い回しがなされていました。使い回しにおいては、その時代には許されていたせいで、このような事態が起こってしまいました。

感染してしまった感染者や家族により国に対して、B型肝炎訴訟が起こされるようになりました。そして平成18年において集団予防接種が原因となり、感染してしまったことが認められることとなりました。

月日はかなり経過していますが、まだまだ知らない人が多いのも現状としてあります。B型肝炎給付金は、当たり前の権利と言えますので、当てはまる可能性があるようでしたら、一度弁護士などのB型肝炎給付金に詳しい専門家に相談することをオススメします。

問題になりがちなB型肝炎給付金

集団予防接種による注射器の連続使用が原因とされるB型ウイルスへの感染は、国が責任を認めて支給金を支払うように制度として成り立っています。

B型肝炎給付金の受け取りに関する様々な手続きが必要とされています。どのような手順を踏めば給付金の受け取りが実現させられるのか、また、自分が対象者として含まれる条件下にあるかどうかなど、どうしても疑問点が抱かれがちな事柄でもあります。弁護士へ相談することによって、正しい知識が手に入れられるだけでなく、手続きに関する様々なアドバイスを受ける事ができ、スムーズな解決へと繋がります。

基本合意が成立するまでのB型肝炎訴訟の歴史

今となっては、被害者は救済のための給付金を受け取る事ができる様になりました。しかし、基本合意が成立するまでのB型肝炎訴訟の歴史の背景には多くの人の努力があります。

基本合意が成立するまでのB型肝炎訴訟の歴史は、先が見えず大変な思いをした人も少なくありませんでした。B型肝炎訴訟の歴史を見ると、すぐに解決できる様になった分けではないという事が分かるでしょう。

B型肝炎訴訟の歴史について知る事で、まだ問題を抱えたままの状態の人が、一日でも早く救済されるという事が重要になります。そして、B型肝炎訴訟の歴史について勉強した事があるという人は、他にも詳しく調べてみるといいでしょう。

二次感染者によるB型肝炎給付金に関する弁護士会への相談

集団予防接種を受けた本人がB型肝炎給付金に関する弁護士会への相談を行う事ができるという事は、すでに把握している人が多いでしょう。

しかし、二次感染者についてもB型肝炎給付金に関する弁護士会への相談を行う事ができます。

二次感染者の場合には、B型肝炎給付金に関する弁護士会への相談ができるという事に気が付いていない人もいる様です。

気になったら、B型肝炎給付金に関する弁護士会への相談ができないかどうか、確認すると同時に、調査に関する相談もできます。

該当している場合には、何よりもB型肝炎給付金に関する弁護士会への相談を行う事で、最終的に適切な救済を受ける事が重要となります。

症状で異なるB型肝炎給付金

対象者であるという事を証明する事ができれば、B型肝炎給付金を受け取る事ができます。しかし、B型肝炎給付金を受け取る事ができると言っても、人により金額が異なります。

B型肝炎給付金を受け取る際には、症状に応じて金額が決定します。より重篤な症状にある人が、高額のB型肝炎給付金を受け取る事ができます。

B型肝炎給付金を受け取る事ができる人の中でも、すでに亡くなってしまっている人の場合には、最も高額な費用を受け取る事ができます。

また、たとえ全く症状がなくてもウイルスに感染しているという事を証明でき、集団予防接種が原因で感染したという事が分かれば、同様に受け取りの対象になります。

B型肝炎訴訟に対応した弁護士選び

どの法律事務所でもいい分けではなく、弁護士選びを行って、B型肝炎訴訟を行う事を検討しているなら、B型肝炎訴訟に対応した弁護士選びを行う必要があります。

B型肝炎訴訟に対応した弁護士選びを行うと、この問題を専門としている法律家が対応してくれます。B型肝炎訴訟に対応した弁護士選びを行う事で、ピッタリの法律家を見つける事ができるでしょう。

余裕があればB型肝炎訴訟に対応した弁護士選びにおいて、これまでの実績などだけではなく、話がしやすいと感じる人を選ぶ事もできます。無料相談は依頼する前に話をする事ができますので、初めて依頼する法律事務であっても安心して利用できるでしょう。

B型肝炎給付金請求テレビCM

ベリーベスト法律事務所。弁護士があなたの給付金額を無料診断します

公開日:2018/11/18

絶対に損しない!B型肝炎給付金請求の弁護士費用について

絶対に損しない!B型肝炎給付金請求の弁護士費用について。弁護士法人みお綜合法律事務所。

公開日:2018/02/24

メニュー

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取ろうTOP B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟費用 肝炎給付金 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟弁護士 債務整理 大阪 債務整理 過払い請求 過払い大阪

B型肝炎訴訟、給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報を掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京などの大都市には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。