国から給付金が受け取れるB型肝炎訴訟について知っていますか?予防接種でB型肝炎ウイルスに感染してしまった方は弁護士に相談して給付金請求をしてみましょう。

知っておきたいB型肝炎訴訟

B型肝炎給付金の訴訟と感染

債務整理

過払い請求

TOP B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟費用 B型肝炎訴訟弁護士 B型肝炎給付金 B型肝炎給付金と給付金等の請求

目次

  1. B型肝炎給付金と給付金等の請求
  2. 本人が死亡している場合のB型肝炎給付金は?
  3. 検査を受けてB型肝炎給付金を受け取りましょう
  4. B型肝炎給付金は持続感染の人は給付金を請求できます
  5. B型肝炎給付金を知るためには
  6. 確実に受け取るB型肝炎給付金
  7. これまでのB型肝炎訴訟の歴史
  8. B型肝炎給付金について弁護士相談
  9. 弁護士団のホームページで確認するB型肝炎訴訟

B型肝炎給付金と給付金等の請求

ある日突然医師からB型肝炎に感染していますと告げられたら、これは本当にショックなことだと思います。そして、肝硬変や肝がんなど死の恐怖がよぎるかもしれません。しかし、B型肝炎は血液感染や体液の感染、あるいは母子感染などが感染経路ですので、そう簡単には感染しないものです。

なぜ感染してしまったのかと思うことでしょう。日本国内ではB型肝炎患者の3人に1人は子どものころの予防接種が原因で感染しているのです。今はそのようなことはないのですが、当時予防接種で一度使われた注射器を、何度も使いまわししていたことがあり、それが原因で感染してしまったのです。

このようなケースの方には、国から給付金等の救済措置がありますので、まずは給付金の請求を行うことをおすすめします。

本人が死亡している場合のB型肝炎給付金は?

集団予防接種が原因でB型肝炎に感染してしまったが、本人が死亡しているという場合にB型肝炎給付金は全く受け取ることができないのでしょうか。

いいえ、そうではありません。本人に代わって遺族がB型肝炎給付金の訴訟を起こすことができます。本人が亡くなっていると医療機関で検査を受けることができません。

しかし、病院のカルテなどの医療記録や母子健康手帳、予防接種台帳(市町村が保存している場合)といった必要な書類をそろえることで、B型肝炎給付金の対象者であると証明することができます。本人が死亡しているからといって諦める必要ないのです。

B型肝炎給付金や訴訟についての記事

検査を受けてB型肝炎給付金を受け取りましょう

B型肝炎に感染している方で、過去の集団予防接種が原因だということが判明すれば、裁判を起こすことによって、国からB型肝炎給付金を受け取ることが出来る可能性があります。

生年月日が1941年7月から1988年1月の間で、満7歳までに集団予防接種を受け、B型肝炎に感染してしまって、他に原因が無い場合、または母親がこの条件を満たしていて母子感染した場合は、血液検査を受けることでこれらを証明することが出来れば、裁判を起こすことにより、決して少なくないB型肝炎給付金を受け取ることが出来ます。

弁護士に依頼してB型肝炎訴訟手続きを進めてもらう場合でも、弁護士費用の一部を国が負担してくれます。心当たりのある方は、是非検査を受けて手続きを開始しましょう。発症から20年経過すると貰える金額が減ってしまう恐れがあるので注意しましょう。

B型肝炎給付金は持続感染の人は給付金を請求できます

国内のB型ウイルス性肝炎の持続感染者は、昭和23年から昭和63年まで140万人ほど存在すると言われています。昭和16年7月2日~昭和63年1月27日の生まれの人、その期間で満7歳までに集団予防接種を受けている人、すでにB型肝炎ウイルス性肝炎に感染している人、母親が感染している人、またそのいずれかに該当している相続人にはB型肝炎給付金が50万円から3600万円支払われることがあります。

B型肝炎給付金請求には期限があって平成34年1月12日までです。心当たりのある方、弁護士事務所などで無料相談を受けてみましょう。

B型肝炎給付金を知るためには

集団予防接種の際に行われた注射器の使い回しは、多くの方にとってB型肝炎ウィルスに感染する原因となりました。現在、感染被害者の方や家族を対象に支払われる国からの損害賠償金は、B型肝炎給付金と呼ばれています。

B型肝炎ウィルスに感染しているだけでなく、予防接種等以外の感染原因がないことなどが対象条件として含まれており、さらに母子感染した方も対象となります。条件を満たしていることを証明するための手続きが完了されれば、病状ごとに定められた金額のB型肝炎給付金を受け取ることができます。

正しい手続き手順が必要となるため、B型肝炎給付金を請求するには、弁護士などの専門家への相談も必要な場合があります。

確実に受け取るB型肝炎給付金

B型肝炎給付金の制度は、過去に実施されていた集団予防接種の実施によって成り立っており、B型肝炎ウイルスの被害が出ると同時に大きな問題として取り上げられてきました。

感染被害者への救済措置として設けられた給付金は、正しい手続きを行うことによって受け取りが可能となり、それぞれ定められた条件を満たしていることが必須ともされています。

どのように対処すれば良いのか分からないという方も多く、弁護士への相談によって、より詳しく把握することができたり、手続きを進めてもらえたりすることが可能となり、確実な受け取りができます。

これまでのB型肝炎訴訟の歴史

ここで、これまでのB型肝炎訴訟の歴史について見てみたいと思います。B型肝炎訴訟の歴史を見ると、まず昭和の中期になると集団予防接種が行われる様になりました。

B型肝炎訴訟の歴史を見ると、針の使いまわしが感染源となり、たくさんの人が感染する事になります。そこから平成となり、訴訟が行われる様になります。そして、B型肝炎訴訟の歴史が開始してから長い時間を経て、ようやく和解となりました。

B型肝炎訴訟の歴史を見ると、たくさんの人が辛い思いをしている事が分かります。今では病気の症状に応じて、適切な金額の給付金を受ける事ができます。その手続きがまだの人は、詳細を確認してみましょう。

B型肝炎給付金について弁護士相談

自分自身もB型肝炎給付金を受け取る対象となっているのではないか、と思う時には自分で対処しないで、弁護士相談を受ける事をおすすめします。

弁護士は、B型肝炎給付金に関するプロですので、高度な知識を活用して、手続きを進めてくれます。

B型肝炎給付金に関する法律知識がないと、難しい事もありますが、不明点は弁護士に確認すると、教えてくれます。

該当者は弁護士相談を利用するなどして、最終的には無事にB型肝炎給付金を受け取る事が大事となります。

まだ該当者でB型肝炎給付金を受け取っていないという人がいれば、早急に対応してもらえる弁護士を探して、相談を持ち掛ける事をおすすめします。

弁護士団のホームページで確認するB型肝炎訴訟

自分もB型肝炎訴訟の救済の対象となっている可能性があるという時には、まず弁護士団のホームページで確認しましょう。

また、B型肝炎訴訟の救済の対象であるかという事は、弁護士団のホームページを見ただけでは分からない事もあります。

その様な時には、B型肝炎訴訟について弁護士団に相談する事をおすすめします。B型肝炎訴訟については、弁護士団が無料相談を行っている事もあります。

弁護士団にB型肝炎訴訟について相談すると、個別のケースについてチェックしてくれます。初めて相談する人に対しては、給付金の受け取り資格があるかどうかという事を確かめてくれますので、相談を早めに済ませましょう。

メニュー

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取ろうTOP B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟費用 肝炎給付金 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟弁護士 債務整理 大阪 債務整理 過払い請求 過払い大阪

B型肝炎訴訟、給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報を掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京などの大都市には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。