国から給付金が受け取れるB型肝炎訴訟について知っていますか?予防接種でB型肝炎ウイルスに感染してしまった方は弁護士に相談して給付金請求をしてみましょう。

知っておきたいB型肝炎

給付金や訴訟について

浮気から離婚となった際の慰謝料等のお金

例えば、女性が夫の浮気に困り離婚をする際には、慰謝料などお金について考える人も少なくありません。

専業主婦をしてきた女性にとって、相手の浮気が原因であっても、離婚をすると経済的に自立する必要があり、仕事の収入だけでは十分ではない部分は慰謝料が重要になる事もあります。

相手が浮気をしていた際には、いろんな事を踏まえて離婚の慰謝料が最終的に決定されます。しかし、慰謝料は複雑なケースが多く、離婚をする際には弁護士がいると何かと助かる事もあります。浮気で辛い状態の時に話を聞いてくれる人がいると、救われる気持ちになる人もいるでしょう。

浮気から離婚となった際の慰謝料等のお金について知りたいのであれば、弁護士に訪ねるのが早いかと思います。当事者の希望通りの結果になる事を目指したいですね。

浮気離婚慰謝料を減額できる場合

不倫をしてしまい、相手の配偶者に知られてその夫婦が離婚に至る場合には浮気離婚慰謝料を支払う義務が生じます。その額は様々な状況によって増減されますが、減額される場合には以下のようなことがあげられます。

まずは、破格の金額を請求された場合です。離婚に至る場合の慰謝料は100~300万ですが、それを大幅に上乗せして請求された場合には減額されることが多いです。また、相手に迫られて仕方なく肉体関係を持ったり、夫婦は破たんしていると信じ込まされていた、独身だと思っていたなどの場合です。更に、収入や資産が少ない場合などです。このように、心からの反省と謝罪の上で自分の状況を考慮してもらい、浮気離婚慰謝料を減らしてもらえることがあるので、一度専門家に相談するのがよい方法です。

離婚は離婚弁護士に相談して解決

離婚調停に進んだ場合、相談をしておいて損がないのが、離婚弁護士です。

弁護士は必ずつけなければいけないという訳ではありませんが、円満に解決したい、もしくは少しでもこちらに有利な条件で離婚を成立させたいと考えるのであれば、離婚弁護士に相談をしておいて損はありません。

つけなくても良いと考えていても、相手側が弁護士を雇えば、離婚調停での話し合いは一気に不利になっていくという事になり、それによって上手く離婚できない、離婚の際の条件が悪くなってしまうという事も少なくありません。

ですから、離婚調停まで進んだら、離婚弁護士に相談をしておく事がおすすめです。

協議離婚で離婚弁護士に相談した方が良い場合

協議離婚とは、夫婦がお互いに話し合って離婚するかどうかやその条件について決める離婚です。通常、夫婦が離婚届を提出すれば離婚が成立するので、条件面などについて折り合いがついていたら第三者に介入してもらう必要はありません。

離婚弁護士を依頼した方が良いのは、慰謝料を貰おうと考えているケースです。たとえば、社会的地位が高い夫が不貞をはたらいている場合などは、事を大きくしない代わりに解決金として通常の相場より多い慰謝料を貰うことも考えられます。

協議離婚の場合、基本的に慰謝料に相場はないので、離婚弁護士に依頼することで自分の立場を有利に交渉を進めることができます。

離婚についての記事