国から給付金が受け取れるB型肝炎訴訟について知っていますか?予防接種でB型肝炎ウイルスに感染してしまった方は弁護士に相談して給付金請求をしてみましょう。

知っておきたいB型肝炎

給付金や訴訟について

弁護士によるB型肝炎訴訟と印鑑証明書類

B型肝炎訴訟はB型肝炎に感染した人が行う訴訟で、裁判所での和解協議により行われるものであることからも、弁護士に依頼をすることでB型肝炎訴訟が可能になると言います。

因みに、B型肝炎ウィルスに感染した人は条件を満たしている事で国から給付金が支給されると言われており、この訴訟をB型肝炎訴訟と呼んでいるのです。

尚、B型肝炎訴訟の対象者としての認定を受けるためにはB型肝炎ウィルスに感染した事を証明する資料を提出し、申請を行う必要が有ります。また、書類に実印を使って捺印をする場合など、印鑑証明などの書類を用意しておく必要が有ると言います。

B型肝炎にかかる給付金に関する相談

B型肝炎訴訟という言葉を耳にしたことがある方も多いかと思います。B型肝炎とは、ウイルスに感染することにより、一過性肝炎または持続性肝炎を引き起こすことがあります。持続性肝炎を発症し、慢性肝炎となった場合、肝硬変や肝がんなどを引き起こし、命を落とす危険がある病気なのです。

このような病気の原因の一つとして、ある一定時期の集団予防接種による注射器の使いまわしによる感染が認められています。この感染原因が認められると、国より給付金を受け取ることができます。手続きの流れとしては、病院等より証拠書類を集め、国を提訴し、和解が認められると支給される形になりますので、まずは住んでいる地域の弁護士団に相談することが重要です。

B型肝炎訴訟にかかる弁護士費用について

予防接種などの集団接種でB型肝炎ウイルスに感染した人は厚生労働省に給付金を申請することができます。これは昭和23年から昭和63年までに集団接種を受けた人たちと二次感染者が対象になります。この間は注射針を連続使用していた期間ということになります。

B型肝炎訴訟を行うには必要な書類を集めたり、面倒な手続きや確認が多く、個人で行うのは大変で弁護士に依頼する人が多いようです。弁護士に依頼すると顧問料の発生を懸念するでしょうが、その一部を国が負担してくれます。

弁護士費用のうち、訴訟手当金としてB型肝炎給付金の4%が支給されます。弁護士事務所によってかかる料金も異なってきますが、多くの弁護士事務所では給付金の8%と設定しており、残りの4%が自己負担となるわけです。

また給付がされなかった場合も費用は発生するので、無料説明会に参加して自分の状況を説明し該当するか否か、着手金の有無や報酬などの確認が必要です。どうすればよいかわからない場合であっても、弁護士へB型肝炎訴訟について相談することができます。

B型肝炎給付金や訴訟についての記事